Event is FINISHED

「幕張市」をSFするーCivic Vision SF Workshop Series

Description

※ご案内※
新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてオンライン開催に変更いたします。オンライン参加用のURL等のご案内はお申し込みいただいた方に個別にご連絡をいたします

ーーー

実在しない行政区「幕張市」を題材に、豊かな文化を育む新たな自治のあり方や祝祭空間など都市の多層化をテーマとしたアートプロジェクト 多層都市「幕張市」プロジェクト。

伝説的SF小説『ニューロマンサー』に登場する千葉市。今回はその千葉市に縁のあるSF小説家集団「Dead Channel」による想像力を鍛え、広げる運動を共に起こそう。SF小説を執筆する上で重要な考え方や思考方法について実際にアイデアを考えながら学んでいきます。

ワークショップの仕上げとして、名倉編・高橋文樹両名による「アイデアの短編SF小説化」を行います!市民のビジョン"Civic Vision"を元にしたSF小説を都市にインストールしていきましょう。



【イベント概要】
●イベント名:「幕張市」をSFするーCivic Vision SF Workshop Series
●日時:2021年1月17日(日)13:00〜18:00
●会場:オンライン(ビデオチャットサービス「zoom」を使用)
●定員:先着20名
●参加費:一般 = 3,000円 / 学生 = 1,500円 ※全て税込
●持ち物:スマートフォン(お持ちの場合) ※開催前に追加・変更があった場合はDMにてご連絡いたします

【タイムスケジュール(予定)】
13:00 ~ 14:00 Dead Channelの紹介、ゲスト作家の講義 など
14:00 ~ 15:00 グループ別ディスカッション①
15:00 ~ 16:00 中間発表
16:00 ~ 17:00 グループ別ディスカッション②
17:00 〜 18:00 最終発表、締めのご挨拶

【ゲスト講師】

■高橋 文樹(作家)
web開発者にして4児の父。1979年8月16日に千葉市に生まれる。大江健三郎の後を追って東京大学に入学し、フランス文学を専攻。2001年、『途中下車』で小説家デビュー。2007年、『アウレリャーノがやってくる』で新潮新人賞を受賞する。また、同年よりオンライン文芸誌破滅派を主催し、電子書籍を中心としたインディーズ出版に注力。佐川恭一、斧田小夜などの新しい才能の発掘を行なっている。
2016年よりSFへ進出。ゲンロン大森望SF創作講座に参加し、飛浩隆特別賞を受賞。同講座の受講生を中心としたグループSci-Fireの運営やSFポッドキャスト番組ダールグレンラジオのパーソナリティも務めた。再び商業出版での活動も再開し、「pとqには気をつけて」が2018年短編ベストコレクションに掲載されるなどの実績を残している。


■小川 哲 (小説家)
1986年12月25日に千葉県千葉市に生まれる。戦後民主主義の典型である近代的集合住宅「団地」に育ち、読書家である父の書斎にあったハヤカワ文庫のSF作品を読破。俊英の集う渋谷区教育学園幕張中学に進学し、その後東京大学に入学。当初は理系に進学したが、その後文学に転向。中上健次をはじめとする現代文学作家の研究を行なう。大学院博士課程では総合文化研究科に在籍し、アラン・チューリングについて研究する。Fortniteなどのオンライン対戦ゲームを愛好し、SNSは使わない。
大学院在学中の2015年、「ユートロニカのこちらがわ」で第三回ハヤカワSFコンテストを受賞し、作家としてのキャリアをスタート。二冊目となる『ゲームの王国』では日本SF大賞と山本周五郎賞を受賞、現在最も注目される若手作家の1人である。デビューから続けて2作のSFを発表し、本人もSFをその出自と認めているが、現在は満州を舞台にした『地図と拳』を手がけ、その活動の幅は複数のジャンルを横断するものと目されている。


■石川 宗生(SF作家/旅行作家/翻訳家)
1984年11月11日生まれ、千葉県出身。米Ohio Wesleyan大学で天体物理学を専攻、卒業後は日英の翻訳家として働きはじめる。主な書籍翻訳に『INSIDE FERRARI』や『記憶脳革命』など。翻訳業のかたわら約4 年間にわたり世界各地を放浪。モロッコで3カ月間のフランス語留学、メキシコとグアテマラでは1年間スペイン語留学をし、ラテンアメリカ文学に傾倒した。2016年に短編「吉田同名」で第7回創元SF短編賞を受賞し、作家デビュー。2018年に短編集『半分世界』を刊行した。現在は東京創元社ウェブ雑誌「Webミステリーズ!」で中央アジア―東欧の旅行記を、集英社「小説すばる」でSFショートショートを連載中。得意ジャンルは幻想文学、SF、不条理文学。ヴォネガット、ルルフォ、ブローディガンのファン。


■名倉 編(作家)
メタフィクション、SF、ミステリーを得意とする作家。1989年7月23日京都生まれ。千葉市在住。東京都立大学で物理学を学ぶ。「アナグラム」のアナグラムであるペンネームからも分かる通り、言葉遊びが得意。
2016年、大森望ゲンロンSF創作講座に参加し、毎月短編小説を書く。卒業後、第58回メフィスト賞を受賞。処女作『異セカイ系』は日本の二大フィクションジャンルをであるセカイ系となろう系のマッシュアップである。同作では作者とキャラクターにおける倫理という哲学的な命題に取り組んでいる。


〜 多層都市「幕張市」プロジェクト とは 〜
もしも実在しない行政区「幕張市」に住むことができるとしたら。本プロジェクトでは、実在しない「幕張市」を起点に新たな自治や祝祭空間など多層都市をテーマとしたアートプロジェクトを開始いたします。12月は「幕張市」の立ち上げイベントとして架空の場所と実際の場所を繋ぐパブリックアート展示や都市空間の歪みや住むということを再考し、新しい都市の在り方を探るオンライントークイベントなどを開催予定です。
紹介WEBサイト:https://metacity.jp/events/makuhari-city-exhibition-2020/


【参加にあたっての注意事項】
*お申し込みについて
●お申し込みは先着順とさせていただきます
●お申し込み時に登録するメールアドレスが受信制限設定されている場合は「@peatix.com」からのメールを受信ができるよう設定をお願いいたします
●イベント当日は会場の様子を撮影、後日レポート等でご紹介させていただく場合がございます
※今後の社会情勢に応じて開催時期や内容(オンライン開催への移行など)などが変更になる場合があります、予めご了承ください

*オンライン配信について
●本講義はクラウド型のビデオチャットサービス「zoom」を使用したオンライン配信を予定しています
●ご参加いただくにはインターネット環境が必要になります、事前にご準備をお願いいたします
●イベントはPC、タブレット端末、スマートフォンからご視聴可能です
●PC以外で閲覧される方は、お手元にメモなどをご用意ください。

*注意事項
●オンライン配信のため、配信者や参加者のネットワーク環境などの事情により配信が途切れたり繋がりにくい場合があります
●配信不良や途切れた場合の返金対応はいたしかねますのでご了承ください
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#887124 2021-01-17 03:33:49
More updates
Sun Jan 17, 2021
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,000
学生 SOLD OUT ¥1,500
Organizer
METACITY
35 Followers

[PR] Recommended information